ペットロスの立ち直り方

ペットロスから立ち直るのには記事一覧

大好きなペットが突然亡くなったら、とてもつらいですよね病気や寿命など、ある程度覚悟が出来ていた場合とはやはりペットロスの重症度も変わってくると思います。覚悟できていないのに突然やってきた別れ。私も2014年に体験して、本当につらい思いをしました。でも乗り越えなければなりません。飼い主の方は生きているのですから。これを読んだ方が少しでも前に進めますように。ペットの弔いをする人間が亡くなったときはお葬...

初めてペットを飼った人や一人暮らしの人、日頃から後悔することが多い人などが「ペットロス症候群」にかかりやすい傾向があると言われています。もちろん該当しない方も、程度の差はあれ「家族の一員」を失くしたことによる「ペットロス」の症状は出るでしょう。ペットロス症候群では、無気力、うつ、涙が止まらないという精神的な症状だけでなく、睡眠・摂食障害、めまい・吐き気、頭痛などの身体的な症状に苦しむことがあります...

泣きたい時に泣いて無理に頑張らないペットを亡くし、早く立ち直らなければと無理をしたり、泣いてばかりいてはいけないと悲しい気持ちを閉じ込めようとすることで、かえってペットロスから抜け出せないことがあります。それは、無理をすることで事実を受け入れることができず、悲しい気持ちを消化することができないからです。例えば、家族でペットを飼っていた場合、亡くなった時は家族全員悲しみにくれます。しかしペットロスを...

私達にとってペットの存在はとても大きいものです。ペットとも色々な出会いがあって、縁があってそして家族となります。ほんの少しのタイミングで出会えるか出会えないかが決まります。そんなペット達との出会いを大切に、ペットとの楽しい時間を一緒に過ごす事が何よりも大事なことだと思います。でもペットは人間よりも寿命が短い。当たり前に判り切っている事ですが、私達にとっては、いつまでも小さい子供のようで、その子との...

飼い主さんにとってとても大切な存在であるペットは、その存在の大きさから別れを迎えると、ペットロスになってしまう人がほとんどだと言われています。ペットを迎え入れた時点で旅立つことは覚悟をしていても、いざその時を迎えると、ペットロスが重症化してしまう方も多いのが現状です。それは一緒に過ごしていく中でペットと飼い主さんが同化していくためで、つまり、ペットを亡くした時にペットロスになるのは当然の事なのです...

ペットロスは、最愛のペットを失ったことによる喪失感から、心身に様々な症状が表れる状態をさします。少し前と比べ、ペットに対する飼い主さんの認識は変わり、家族の一員として、子どもの代わりとしてなど、より身近な存在として迎え入れられるようになりました。そして飼い主さんにとって、自分の分身のような存在にもなり得るペットを失った時、その存在との関わり方により、ペットロスの症状が人それぞれに表れるのです。その...

多くの家庭でペットは飼われていますが、ペットを飼ったことがないという人ももちろんいるでしょう。またペットを飼ったことはあるけれど、ペットロスの人にどんな言葉をかけたら良いかわからないという人もいるかもしれません。悲しみに暮れ、つらい思いをしている人を前に、どのような励ましの言葉をかけたら良いのかというのは、とても難しい問題でもあります。そこで今回は、ペットロスの人にかける励ましの言葉を、かけるべき...

多くの飼い主さんがペットを失くした時に、悲しみやつらい思いを抱えるものです。ペットは家族の一員、時には自分の分身のような存在となった現在では、さらにペットロスが深刻化してしまうケースもあります。飼い主さんは、時間の差はあれ正常なプロセスを踏むことで、ペットロスを乗り越えていきます。しかしペットロスになった全ての人がそのように乗り越えられるわけではありません。中には、うまくそのプロセスを進められずに...

ペットロスという言葉を聞いたことがありますか?最近は「○○ロス」というと、それまで近くにいた存在が急に消えたことで寂しい気持ちが消えないことを言うようです。この場合は飼っていたペットが亡くなったことで、淋しさから逃れられない状態です。なぜこのようなことが起こるのでしょう。ペットロスに陥る理由と回復期間好きな人に急に去られるのは、とてもショックな出来事です。ペットも飼い主にとっては大切な家族。当然目...

いつも一緒にいたペットを亡くなってしまった事を受け入れられず、ペットと一緒に過ごした日々が頭の中をかけめぐってしまい悲しみに明け暮れている日々を送っている方は少なくありません。少しでも気持ちを切り替えなければ前を向く事が出来ません。ペットを愛する誰もがなってしまうペットロス症候群。ペットロス症候群とはどのようなものなのかを知る事でペットロス症候群を克服する事が出来ます。そして「虹の橋」という詩をご...